専門職であるということ

化学 転職化学分野において転職先を探す、と簡単に言ってみたものの、そもそもこの化学分野というのはどのような分野であるのかということをしっかりと認識していなければ、探せるものも探せないということが出来るでしょう。そもそも、この科学と化学ということばがどのように違うのか、ということすら、専門的ではない人にとってはイマイチピンとこないのではないかと思います。字面の問題上、化学の方は口頭ではバケガクだなんて言われますが、その違いというのはどういった点にあるのでしょうか。化学というのは、すなわちものの構造というものを調べる学問であると認識しておくのが最も手っ取り早いのではないかと思います。例えば原子や分子などといったものを考えるのがこの化学分野であるということが出来るでしょう。そうした知識を本として、どうした物質にどのようなことをするとどうした現象が起こるのか、というようなことを、あわせてかんがえていくことがこの化学ということになるのではないでしょうか。例えば、普通に考えれば全く関係のないような物質も、こうした科学的観点からみれば実は非常に密接な関係をもっている可能性もあります。そうすると、Aという物質は非常に貴重であるものの、Bという物質はそうではない、そうしてこのどちらからもCという有用な物質を抽出できる、ということが判明したとしましょう。そうした場合には、Bの方からの抽出を行ったほうが、当然ローコストになりますし、簡単に利用することができるようになるということですね。では、このようなことが転職においてはどのような役にたつのでしょうか?化学分野というか、理系分野というのは非常に難しいものであり、その根底には専門職として働くことになる、という前提があるということを忘れてはならないということができるでしょう。こうした技術というのは、非常に多方面の企業から期待され、必要とされる技術であるということは間違いありません。理系分野であれば、やはり求められるのは其の専門的な知識の部分にあるといっていいのではないでしょうか。そのため、文系分野とは違い、院卒の人のほうがより重宝される傾向にあるといえるのではないかと思います。まずこの化学分野において転職就職を考えるのであれば、まずは自らの習熟を行い、学問に対する理解をより伸ばしていくということが重要になるのではないでしょうか。それが第一歩です。

ページの先頭へ